歯槽膿漏となたまめの関係とは?

e2d2a0ed70ee115666ed69b713df8fa9_s

カナバニンという特殊成分

なたまめの中で要注目な成分として挙げられるのが「カナバニン」です。
カナバニンを成分として含むのは、なたまめ以外にありません。

そんな特別な成分であるカナバニンには、膿を出す作用や炎症を抑える作用などがあります。
そういった作用があるため、なたまめによって歯槽膿漏にも良いとも言われます。
歯槽膿漏は歯茎の病気の一種であり、世界的に見ても多くの人が歯槽膿漏を初めとした何らかの歯茎の病気にかかっていると言われます。
そのような身近な病気である歯槽膿漏が起きている口腔内では、炎症も引き起こされています。
ですから炎症を抑えることも、歯槽膿漏のケアとしては重要になってきます。

歯槽膿漏と歯周病

最近は、歯槽膿漏という言い方もあまりしなくなってきました。
歯槽膿漏の代わりに、歯周病という言い方がよく使われるようになってきたのです。

歯周病(歯槽膿漏)と説明されることもありますから、歯槽膿漏=歯周病と考えて問題ないでしょう。
なたまめに関しては、その歯周病の改善にもアプローチできますので、こういったお口のトラブルでお悩みの際には是非なたまめ茶に注目してみてください。
歯周病というのは口臭とも関連性が強いものです。
そしてなたまめと言えば、口臭予防として選ばれることが多いことでも知られます。

快適な生活のために予防と対策を

歯槽膿漏や口臭というお悩みがあると、それを気にして日常生活に支障が出るなんてこともあるでしょう。
口臭は自覚していても、その場ですぐに口臭を治すということはできないので、それを気にしながら人と会話をするということもあるはずです。
それは精神的なストレスにつながりますから、口臭への対策もできるだけ早めに始めることが大切です。
また歯周病によって、硬いものが食べづらくなったり、歯磨きの際に出血したりということがあります。
これらも改善していくために、できることから始めていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ