カリウムってどんな成分?

af74d7c6c26b20ab3885b3172368c7d2_s

私たちの体に欠かせないカリウム

時折耳にする「カリウム」ですが、これは必須元素のひとつで、神経伝達においてとくに大切な役割を担うものです。
人体にも含まれているカリウムは有効成分でもあり、細胞内にも分布しています。

なたまめにも、その大切なカリウムが含まれています。

成人の体内にはおよそ200gのカリウムが存在するとされ、そのカリウムは心臓機能・筋肉機能の調整のためにも使われます。
また、細胞内に存在するということもあり、カリウムの働きによって細胞内液の浸透圧もキープされているのです。

カリウムが不足するとどうなる?

そのように人体にとって大切なカリウムが不足すると、筋力の低下や膀胱のまひといった症状を招くおそれがあります。
また、知覚の鈍化が引き起こされ、反射機能も低下してしまいます。

なたまめにも含まれるカリウムですが、その他にもアーモンドやパセリ、ピーナッツ、ホウレンソウ、バナナ、昆布といった多くの食品に含まれています。
ですが、カリウムは水に溶けだすという性質を持っているため、もしカリウムを含む食品を煮たり茹でたりする場合は、その煮汁も一緒にいただけるような料理をすることが理想となります。

腎臓機能に障害がある場合をのぞいては、カリウムは不足しがちな成分です。
ですから適度に摂取していけるよう心がけていきましょう。

カリウムの不足はイライラにもつながる

カリウムの不足は、精神の状態にも影響を及ぼすことがあります。
神経過敏や昏迷という状態になるおそれもあるため、カリウムの不足が起きないように日々適度に摂取していくことが理想です。
カリウムは日常的に摂取することの多い食品によっても摂取できますが、それを気にしながらの食生活はなかなか難しい場合があります。

そんなときには、カリウムを含むなたまめを使用したなたまめ茶が便利でしょう。
素材を生かしたなたまめ茶を飲むだけで、カリウムを適度に摂取していくことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ