中国産のなたまめ茶って大丈夫ですか?

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s

産地を気にする方が多い昨今

中国産のなたまめを使ったなたまめ茶でも、良いものは良いと言えるでしょうが、産地を気にされる方であれば、国産のなまためを使ったものを中心に選んでいくといいのではないでしょうか。

他の中国産のものにも言えることかもしれませんが、中国産のなたまめ茶の場合は安価であるというメリットがあります。
国産のなたまめ茶でもリーズナブルなものはありますが、それ以上の安さで提供することが可能になるので、価格重視という方には中国産のなたまめ茶は魅力的な存在かもしれません。

なたまめの産地は中国、加工は日本

なたまめの産地として中国を選んでいるものでも、日本で製造を行っているというなたまめ茶もあります。
すべてメイドイン中国のなたまめ茶よりは、もしかしたらそのように原料のみを中国産にしているなたまめ茶のほうが多いかもしれません。

そういったなたまめ茶の場合、どのような場所でなたまめが生産されているのかというのが、国産のものよりはイメージしづらいですが、中国産のなたまめを使っているメーカーの中にはそういった部分への配慮がしっかりとなされているところもあります。

一方で、国産のものなら無条件で安心かというと、そうとは言い切れない部分もあるでしょう。
しかしなたまめ茶の場合、産地問わず、どのような環境で育ったなためなのか、工場の基準はどういった基準なのかといったことがしっかりと説明されていることが多いです。

ブレンドに使用されるハト麦や黒豆の産地

なたまめ茶の中には、味わいを高めるなどの目的でハトムギや黒豆などをブレンドする場合もあります。
その際に、なたまめは中国産、ハト麦はタイ産というように、日本を含めたいくつかの国が産地になっていることもあります。
皆さんの中には、すべて国産にこだわったなたまめ茶がいいと考えている方もいるでしょうから、その場合はなたまめ以外の原材料の産地についても注目していくといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ