膿栓(臭い玉)との関係

8551b367980eb4ea09ca5673e7690ba5_s

ふとした拍子に口の中に現れる、白いかたまり。
なんだろう…と思って潰してみると、ひどい臭いがしてビックリ!そんな経験、ありませんか?

これは、膿栓(臭い玉)と呼ばれるもの。
歯を磨いても、うがいをしてもなかなか消えない口臭は、この膿栓が原因であることが多いのです。
なたまめ茶はこの膿栓対策にも効果があると言われています。では、膿栓とはどんなものなのでしょうか。

膿栓は誰にでもできる!

私たちのノドにある扁桃腺は口からしてきた細菌やウィルスが体内に防ぐという役割を持っています。扁桃腺の表面には小さな穴が開いているため、この穴に細菌のかたまりや脂肪酸、食べかすなどが溜まることがあります。これが膿栓の正体です。

通常は膿栓ができても、食べ物や飲み物と一緒に飲みこんでしまうことがほとんどですが、せきやくしゃみをしたあとに口の中に膿栓が出てくることがあるのです。
風邪を引いたあとは特に細菌のカスなどが残っていて、膿栓ができやすくなるという説もあります。

膿栓は誰にでもあり、強い臭いを持っています。潰してみると、口臭に似た臭いがしてショックを受ける方もいるでしょう。歯槽膿漏や歯周病、放置した虫歯なども口臭の原因になりますが、こうした症状がない場合、膿栓が原因で口臭が起こることもあるようです。

なたまめ茶で膿栓対策!

この膿栓ができるのを防ぐには、きちんと歯磨きをすること、うがいをして口内を清潔にしておくことが大切だと言われています。

なたまめ特有の成分であるカナバニンは膿を排出をサポートすると言われています。
口臭や膿栓が気になる方は、なたまめ茶を飲んだり、残ったなたまめ茶でうがいすることで膿栓ができにくい口内環境を整えるようにしてみましょう。

さらに、なたまめの成分を配合した歯磨き粉も合わせて使用することで、長年悩んでいた口臭が気にならなくなった!という口コミも。
原因不明の口臭に悩んでいるという方はなたまめ茶やなたまめの歯磨きを試してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ