クレアチニン値となたまめ茶

7f148ff172d6100a148f663167045013_s

なたまめに期待されている健康効果は免疫力の改善や排膿効果だけではありません。
特に最近注目が集まっているのが、腎臓機能へのアプローチです。
腎機能を示す指標はクレアチニン値と呼ばれ、血液検査や尿検査などで調べることができます。ここでなたまめ茶とクレアチニン値の関係について詳しく見てみましょう。

クレアチニン値と腎機能の関係

皆さんは腎臓のはたらきがどんなものかご存知ですか?私たちの腎臓は体内の老廃物をろ過して、血液や体液などをキレイな状態に保ってくれる重要な役割を果たしています。この腎機能の指標となるのがクレアチニン値です。

クレアチニンはクレアチンが代謝された際に残る老廃物のこと。血液中のクレアチニン値があがるということは腎臓のろ過機能が低下していると考えられるのです。クレアチンはアスリートが筋肉運動の効果を高めるためにサプリメントなどで摂っている成分ですが、過剰になると腎臓に負担をかけることがあります。

腎機能は低下しても自覚症状が少なく、腎臓病は気がつかないうちに進行していくと言われています。腎機能が極端に低下すると、透析を受ける必要がでてきます。健康診断でクレアチニン値に異常が出た場合、早めに対策を取るようにしなければなりません。

クレアチニン値が気になる人にオススメのなたまめ茶

なたまめにはウレアーゼと呼ばれる酵素が多く含まれています。ウレアーゼは私たち人間の体にもともとある酵素ですが、この働きが低下すると体内の老廃物を排出する作用も低下してしまいます。したがって、なたまめ茶を飲むことでこの、ウレアーゼのはたらきをサポートする効果が期待できると考えられているのです。

またなたまめに含まれているレクチンの一種であるコンカナバリンAも腎臓の老廃物ろ過機能をサポートする可能性があると言われています。

腎機能が低下すると、むくみが起こりやすくなります。クレアチニン値の数値が気になる方がなたまめ茶を飲むことでむくみがすっきりしたという声も寄せられています。医師の中でも腎機能の治療を受けている患者さんになたまめ茶を勧める方がいるのだそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ