アレルギー性鼻炎となたまめ茶

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

季節を問わず、サラッとした鼻水が出続けるアレルギー性鼻炎。
花粉が原因であればまだ対策のとりようがありますが、ほこりやハウスダストがアレルゲンとなっている場合、原因を完全に除去できないので症状がなかなか改善しないという方もいます。

なんとかしたいと思って、耳鼻科の診察を受けても抗ヒスタミン剤を処方されるだけ…ということも。
こんな方にも是非、一度試して欲しいのがなたまめ茶です。
なたまめ茶はアレルギー対策にも役立つと言われています。

なたまめで免疫力アップ!

アレルギー性の疾患は免疫細胞のバランスが崩れ、体が持つ免疫機能が過剰に反応することで起こると言われています。

なたまめに含まれているレクチンの一種であるコンカナバリンAには免疫力をアップさせる働きがあります。このため、なたまめ茶を継続して飲むことで、花粉やハウスダスト、ホコリやカビなどが原因で起こるアレルギー性鼻炎やぜんそく、アトピー性皮膚炎の症状が軽減したという声もあがっているのです。

また、なたまめの成分であるカナバニンには体液や血液の流れを促進させたり炎症を抑える働きがあります。アレルギー性鼻炎は粘膜が炎症を起こしていることも多いため、カナバニンのはたらきによって症状が軽減する傾向もあるようです。

薬による対症療法よりも体質改善をめざす

アレルギー性鼻炎や花粉症の方は症状が気になる時期になると毎年、耳鼻科へ行って抗ヒスタミン剤を処方してもらうという方が多いのではないでしょうか。
確かに抗ヒスタミン剤を飲むと、鼻水はピタリと止まりますが、これはあくまでも症状を抑える対症療法であって、根本的な解決にはなっていません。

なたまめ茶を飲んでデトックスしながら、免疫力を正常化させることができれば、アレルギー反応を抑える効果が期待できます。継続的に飲んでいる方からは、もうなたまめ茶が手放せない!という声も寄せられているようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ