富士の赤なたまめ茶

fiji

また飲みたいと答える方殺到のなたまめ茶

富士の赤なたまめ茶は、全国試飲アンケートにて94%の方が「また飲みたい」と答えたほど、飲み続けたいと思わせる商品です。

富士の赤なたまめ茶のなたまめには、静岡県と岡山県のものが使われています。
両県とも温暖な気候で知られ、なたまめ茶作りには適した環境です。

また、それぞれ海の恵みもたっぷりと受けた土地柄であるため、海のミネラル豊富な潮風の良さが備わった天竜川・大井川の素晴らしさが、なたまめ茶が育まれる大地にもいい影響を与えています。

利用者の方の安心につながること

富士の赤なたまめ茶のメーカーでは、栽培記録をつけることで、どんなスタッフがいつどんな作業をしたのかということが、その記録によって把握できるようにしています。

栽培を担当するスタッフに丸投げをするのではなく、農業指導員による指導や社長による視察などで、安定した栽培を続けられるような努力が日々行われています。
その視察では栽培に関わる助言をしたり、問題点があれば話し合って解決をしたりします。

焙煎によるおいしさアップへの工夫

富士の赤なたまめ茶では、焙煎にもこだわったなたまめ茶作りが行われています。

焙煎職人が色や香り、味といった五感や経験を頼りに、最高品質と言える品質にまでなたまめ茶を高めていくために、調整や話し合いを何度も行っていきます。
焙煎にこだわるからこそ、おいしいと言って飲み続けられるような商品が仕上がっていくのでしょう。

また富士の赤なたまめ茶のメーカーでは、徹底して一貫生産にもこだわっています。
一貫生産をすることで、すべて自社の目の届く範囲で行うことができ、なおかつコストダウンにもつながるため、良質なものをリーズナブルな価格で提供することにもつながっています。

富士の赤なたまめ茶の場合、1袋セットであればメール便の送料が無料ですので、気軽に注文していただけるえのではないでしょうか。
なお3袋セットの場合も、宅配便の送料が無料となっています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ