無農薬のなたまめ茶が人気の理由

c22118036666b452b72db11003870832_s

お茶に虫が湧くのはなぜ?

自家栽培でお茶を作ったことがある方もいるでしょう。
お茶と一言で言っても、色々な種類がありますので、自宅の庭に生えているどくだみや、きんもくせいの葉を使えば、手軽に手作りのお茶を楽しむことができます。
また、なたまめを使って、なたまめ茶を手作りされている方もいます。

しかし、手作りのお茶は、市販されているお茶と比べると、随分と早くに虫が湧いてしまうことがあります。
なぜ虫が湧くのかと言うと、保管の仕方に問題がある場合もありますが、多くが農薬の量と関係してきます。

農薬を使う理由はあるけれど・・・

お茶の葉には虫がつきやすいものですが、農薬を使う事で葉に虫がつくのを防げます。

お茶の葉を育てる上で、農薬は大切な薬品かもしれませんが、問題なのは市販されているお茶に、どのような農薬が使われていて、どのくらいの量を散布しているのかを知ることができない点です。

お茶が好きな方なら、毎日欠かさず飲むでしょう。
農薬がたくさん使われたお茶を毎日体内に入れている・・・そう考えると、不安を覚える方が多いはずです。

無農薬のお茶が人気!

そこで、農薬の心配のないお茶・・・つまり、「無農薬」のお茶が人気を集めているのです。
無農薬であれば、見ることのできない農薬について、不安を抱くことはありません。

無農薬のお茶と、一般的なお茶のお値段を比較すると、やはり無農薬の方が高めではありすが、それでもやはり無農薬を選ぶという方が多いのは、それだけ農薬に対する不安が大きいからだと言えるでしょう。

なたまめ茶もやっぱり無農薬が人気!

今注目を集めているなたまめ茶にも、無農薬の商品はたくさんあります。
なたまめ茶と一言で言っても、非常にたくさんの種類がありますので、どれを選んだら良いか、最初にじっくり調べておくことが大切です。
人気の高いなたまめ茶は、やはり無農薬タイプが多く、また、国産のなたまめを使っている商品も人気が高まっています。
飲みやすさ、価格など様々な部分を比較して、「これだ!」と思う商品を選んでください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ