カナバニンってどんな成分?

cd567be08bf21b436420da60675a562d_s

なたまめ茶の優れたサポート機能

なたまめは、口臭を抑えたり、歯槽膿漏対策が有名ですがどうしてそれが可能かという点を理解している方は少ないかもしれません。

口臭、歯ぐきの腫れや出血に効果がある・・・それにはちゃんとした理由があるのです。
そのキーワードとなるのが「カナバニン」です。

アミノ酸の一種、カナバニン

カナバニンという成分は、アミノ酸の一種で、初めて発見されたのがなたまめでした。
カナバニンと言ったら、なたまめ!と言えるくらい、カナバニンとなたまめは関係の深いのです。

カナバニンについて研究が進められていくうちに、膿を出す効果が高いことが分かりました。
排膿効果があるということは、蓄膿症や痔ろう、蓄膿症などに効果があるということです。

また、炎症を抑える働きもあることから、歯ぐきの腫れを改善させることもできます。
さらに、血液を浄化したり、血行を促進させる働きもあるため、腫れや出血を抑えることもできます。

膿が原因の口臭

膿が出るということは菌が繁殖しているということですので、当然臭いも出てきます。
代表例とも言えるのが、歯槽膿漏の方々の口の臭いです。

歯槽膿漏の方は、歯ぐきの出血や腫れなども気になっていはいますが、それよりも深刻に悩んでいるのが口臭だったりもします。
口臭は人に不快感を与えてしまいますし、不衛生な印象を持たれてしまいますので、できるだけ早い段階で口臭を改善させなければなりません。
また、蓄膿症の場合も同じで、鼻の奥に溜まった膿の臭いが口内へと届き、口臭をひどくさせてしまいます。

なたまめ茶で悩みを解消!

カナバニンをたくさん含むなたまめ茶を摂取することで、これらの辛い悩みに対策をうつことができます。
カナバニンが含まれている食品は他にもないの?!と思う方もいるかもしれませんが、上記でも述べたとおり、カナバニンが発見されたのはなたまめであり、今のところマメ科の植物以外で多く含まれる代表的な食品は発見されていないというのが現状です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ