なたまめ茶とポリフェノール

e0d773d31fa42bf25c754557ab974272_s

ポリフェノールって何?

お茶にはポリフェノールがたくさん含まれているということは、多くの方が知識として持っているはずです。
しかし、ポリフェノールという成分がいったいどういうものなのか、そしてどういう効果があるかを知っている方は少ないかもしれません。
そこで、ポリフェノールについて詳しくご説明します。

様々な種類があるポリフェノール

ポリフェノールはお茶だけでなく、様々な植物に含まれています。
種類はなんと5000以上あると言われていますが、代表的なポリフェノールと言えば、大豆に含まれるイソフラボンや、ワインやお茶に含まれるカテキンでしょう。

ポリフェノールには抗酸化作用や、脂肪の吸収を抑える効果があると言われていますし、風邪予防にも効果的だと言われています。
さらに、ポリフェノールの一種であるタンニンについて調べてみると、一般的な緑茶よりや赤ワインよりも、なたまめ茶の方が多く含まれていることが分かりました。

タンニンは、ポリフェノールの中でも特に抗酸化作用が強く、アンチエイジングに効果的だと言われています。

なたまめというと、カナバニンというアミノ酸が配合されていることが有名で、蓄膿症や口臭、歯槽膿漏の悩みに役立つことが知られていますが、実はアンチエイジングも同時に期待できるということですね。

お茶だからこそのメリット

なたまめ茶は色々なメーカーから発売されていますし、その特徴も様々です。

お茶という形で、私たちの体にとって大切な栄養素を手軽に摂取できるのはなたまめ茶の大きな魅力でしょう。
また、ポリフェノールは、体内に吸収されやすいのですが、効果の持続性が低い点がデメリットと言われています。
しかし、このデメリットも、なたまめ茶であればクリアできます。

なぜなら、なたまめ茶を一日に何回かに分けて飲むことで継続的にポリフェノールが摂取できるからです。
無理なく、継続的に、様々な効能を実感できるのがなたまめ茶ということです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ