こんな淹れ方がおすすめ!

a67282c416093102f799e6ea3dfc3108_s

なたまめ茶の種類によって変わる淹れ方

なたまめ茶には、ティーバッグタイプのものや粉末タイプのものなど、いくつか種類があるため、その種類によっておすすめの淹れ方も変わってきます。

ティーバッグタイプであれば、そのままティーバッグをマグに入れてお湯を注ぎ入れるだけですが、粉末タイプですとそのなたまめ茶によって1回あたりの適量となる量も微妙に変わってくるでしょう。

ですから粉末タイプをお選びなら、まずは1回で使用する量を知ることから始めてみましょう。

煮出しがおすすめされる場合も

水出しOKの麦茶を煮出して飲むと、いつもとは違ったおいしさが感じられるように、なたまめ茶でも同じことが言えます。
なたまめ茶は煮出しで飲むのがいちばん好きだという方も少なくありません。

煮出すことによりなたまめ茶の香ばしさが増すため、よりおいしくなたまめ茶を飲むことができるのです。
またご家族で住まれている場合には、煮出したものを容器に入れ、保温ないし保冷しておくことによって、いつでもご家族がなたまめ茶を飲むことができるというメリットもあります。

ホットとアイスでは味わいは変わる?

なたまめ茶の中には「ホット・アイスどちらも可」というような説明がされているものもあります。
夏でも温かい飲み物を飲むことは健康にとって大切ですが、夏ですとやはり冷たいものが恋しくなります。

アイスにしてなたまめ茶をいただいた場合、甘みが強まるということもあるようです。
そんな味わいの微妙な違いを楽しんでみるのもいいかもしれません。

急須を使って淹れるのもおすすめ

急須を使うことにより、「蒸す」という工程が手軽にできるようになります。
なたまめ茶によっては、少しの間蒸すことがおすすめされている場合もあるので、もしそのようになっていれば蒸すひと手間を加えてみるのも、おいしい淹れ方への第一歩と言えるでしょう。

まずはいろいろな淹れ方を試してみて、よりおいしくいただける方法を探っていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ