含まれている成分は?

今、健康に興味がある人に注目されているお茶がなたまめ茶です。
では、なたまめ茶には、一体どのような成分が含まれているのでしょうか?
なたまめ茶には様々な有効成分が含まれていますが、やはり代表成分は「コンカナバリンA」と「カナバニン」です。
○コンカナバリンA=腎臓機能を強化するだけでなく、血液中の尿素を大幅に軽減する効果があります(→ボケ防止に繋がります)。
また現在検査中ではありますが、コンカナバリンAにはがん細胞の増殖を抑える効果があるといわれています。
○カナバニン=体内の炎症を抑制すると同時に、膿(うみ)を体外に排出する効果があります。
その他の成分として、サポニンがあります。
サポニンには脂質の酸化を抑制する働きがあります。
もし脂質の酸化が増加すれば、基礎代謝がダウン→細胞の老化が進みます。
このようになたまめ茶には、身体に良いとされる様々な成分が含まれているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ